弁護士費用

弁護士費用・報酬について

弁護士への報酬は、「着手金」と「報酬金」に分かれます。「着手金」は、正式依頼後に前払いにて申し受ける費用で、原則として返金いたしません。「報酬金」は、解決の結果によって発生する成功報酬ですから、後払いで結構です。慰謝料や財産分与のように経済的利益が伴う場合は、その金額によって変動します。

相談から依頼までの流れ

当事務所では、初回に限り、無料の法律相談を承っております。時間の制限は設けておりませんので、お電話かメールフォームにて、希望来所日時をご予約ください。また、場所を指定していただければ、こちらから伺うことも可能です。

離婚・男女問題の弁護士費用

離婚交渉・離婚調停・離婚訴訟(税別)

費用着手金報酬金
離婚交渉事件 15万円~20万円 20万円~30万円
離婚調停事件 20万円~30万円 30万円~40万円
離婚訴訟事件 30万円~40万円 30万円~50万円

離婚交渉が不成立となり離婚調停に移行する場合、あるいは離婚調停から離婚訴訟に移行する場合には、別途10万円の着手金をいただきます。

離婚協議書の作成(税別) 10万円

養育費の増減額請求、婚姻費用の分担請求(税別)

経済的利益の額着手金報酬金
125万円以下 10万円 16%
125万円を超え、300万円以下 10万円 16%

弁護士費用に関するご質問

分割払いはできますか?

もちろんです。支払方法については柔軟に対応させていただきます。

事前に着手金を用意できるかどうか不安なのですが?

慰謝料や財産分与など、得られる経済的利益が明らかであれば、着手金の一部を後払いにすることも可能です。

法テラスの弁護士費用立替制度制度は利用できますか?

利用できます。遠慮なくお問い合わせください。

  • 離婚問題でよくあるご質問Q&A
  • 離婚問題の相談事例
  • 大西法律事務所