浮気・不倫(慰謝料請求)

よくある浮気・不倫についてのお悩み

  • 離婚するには、どのような証拠があれば良いのか
  • 1000万円もの高額な慰謝料を請求されてしまった
  • 配偶者ではなく、浮気相手に支払わせたい

弁護士に依頼するメリット

浮気や不倫については、まず、その事実を相手が認められるのか、立証できるのかが問題になります。どのような証拠はあればよいのか、その事実を根拠に何が請求できるのかについては、専門家でなければ判断が難しいと思います。また、立証方法、証拠集めの方法についても、ご説明いたします。

ケース1 男性の場合

ご相談内容

自分の浮気が原因で離婚することになりましたが、なるべく慰謝料の額を抑えられないでしょうか。

無料相談でのアドバイス

夫婦関係が破綻していたと言えるような場合には慰謝料は発生しません。奥さん側に、夫婦間の信頼関係を揺さぶるネガティブな要因はなかったでしょうか。例えば夜の生活を拒絶され続けていたり、家事や育児を放棄していたりすれば、その度合いにより減額することも可能です。

ご依頼の結果

収入に見合わない高級ブランドの買い物、浪費が目立ったため、話し合いのうえ、慰謝料相場から一定割合を差し引いた金額で合意することになりました。

弁護士の一言

慰謝料の相場は、一般に100万円から300万円ではないかと思いますが、婚姻期間の長さや浮気の内容などによって変動します。もちろん、常識の範囲を超えた法外な要求には、最初から従う必要がありません。

ケース2 女性の場合

ご相談内容

夫の浮気が発覚したものの、離婚までは考えていません。それよりも、浮気相手に何かしらの賠償をしてほしいのですが、可能でしょうか。

無料相談でのアドバイス

浮気相手に対する慰謝料請求が可能です。ただし、今回の場合は離婚を前提にしていませんので、その金額は離婚した場合よりも減額されることが多いと言えます。

ご依頼の結果

浮気相手が話し合いに応じなかったため、裁判を利用した結果、120万円の支払い命令が出されました。

弁護士の一言

この場合、ご主人に対する慰謝料請求も可能ではありますが、夫婦間でお金が移動するだけになり、弁済としての意味が薄れてしまいます。誰が負担するのかという点も含めて、しっかり決めておくようにしましょう。また、浮気相手に慰謝料を請求する過程で、二度と会わないといった約束を取り付ける解決方法もあります。

良くあるご質問Q&A

証拠を集めたいのですが、調査会社を利用したほうが良いのでしょうか?

比較的安価で信頼の置ける会社をご紹介いたしますので、説明を聞いたうえで、依頼するかどうかを判断してください。現状お手元にある証拠で十分な場合もあります。

浮気をやめるよう、相手を説得してもらえるでしょうか?

可能です。一つの方法として、損害賠償請求をしてみてはいかがでしょうか。二度と会わない約束をしてくれれば実行せず、再発したら手続きに入るという進め方です。

メールやLINEの文章は、証拠としての効力を持ちますか?

動画や写真に比べれば「弱い」と言わざるを得ないでしょう。それだけでは不十分だとしても他の証拠、例えば、ホテルの予約履歴や領収書などと組み合わせることで、強い主張をすることができます。ほかにも有用な手掛かりがあるかもしれませんので、プロにご相談ください。

  • 離婚問題でよくあるご質問Q&A
  • 離婚問題の相談事例
  • 大西法律事務所